毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

絵本読み聞かせ

0歳児に読み聞かせをしてみよう!おすすめの絵本選びと読み方のコツ

更新日:

まだ反応の乏しい0歳児への読み聞かせ、どんな絵本を選べばいいか迷いますよね。
ですが0歳の赤ちゃんでも十分読み聞かせを楽しむことが出来ます。
ではどのような絵本を選べばいいのでしょうか。見ていきましょう。

0歳への読み聞かせ…絵本選びのコツ

まだ心も身体も未熟な0歳児への読み聞かせ。
ストーリー性のある絵本を与えても、まだ理解することはできません。

ですから、一枚一枚の絵を楽しめる絵本を選ぶことをおすすめします。
色合いのはっきりした絵や、聞きなれた言葉を使った、短い話の絵本を選ぶようにしましょう。

0歳児におすすめの読み聞かせ絵本

●「ころころころ」

コントラストのはっきりした絵と、擬音語だけの絵本。
きらきらとした玉が転がり落ちるような絵は、0歳児への読み聞かせにはうってつけの絵本です。
読み方を工夫して抑揚をつけて読むようにしましょう。きっと子どもの目が釘付けになるはずです。

●「くだもの」

本物に近い写実的な絵と、シンプルな言葉が美しい本です。
0歳児にも見知ったくだものの絵は本当においしそうで、読み聞かせ中に思わず子供の手が出ることも多い絵本。同じシリーズの「やさい」もおすすめです。

●「いないいないばあ」

40年以上前からベストセラーの赤ちゃん絵本。
いないいないばあ、という0歳児におなじみの言葉が繰り返されますから、親子のコミュニケーションがとりやすい読み聞かせ絵本です。

0歳児に絵本を見せて読んであげても、なかなか思ったように反応してくれないもの。
読み聞かせは難しいように感じますが、気負わず楽しく読むことを心がけましょう。
ママが楽しんで読んでいる姿を見せることが、一番のポイントですよ。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-絵本読み聞かせ
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.