毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

絵本読み聞かせ

こんなに素晴らしい読み聞かせ!子どもを成長させる絵本の効果

更新日:

「子どものために、毎日絵本を読んであげましょう」とは様々なところでよく聞く話。
最近では1歳児検診や保健センターなどでも、絵本のよさを語られることが多いですよね。

とはいえ、読み聞かせには具体的にどんな効果があるかわからない方も多いでしょう。
今回は、絵本の読み聞かせがもたらす効果について調べてみました。

1.読み聞かせは親子が濃密に過ごせる「コミュニケーション」効果

絵本の一番いいところは、親子でしっかり向き合える時間が取れるということです。
毎日家事や仕事で忙しいママやパパが、絵本を読み聞かせる時間だけは子どもと向き合えることができます。

この親子で過ごす濃密な絵本タイムをもつことで、子どもは親からの愛情を感じ、心を安定させることができるもの。
「親子のコミュニケーションがとれること」、それが読み聞かせの一番重要な効果です。

2.心の発達や想像力を促してくれる効果

アニメと違って、絵本は絵が動くわけではありません。
限られた絵と語られる言葉からストーリーを想像するのは、幼児期にはなかなか難しいことです。

読み聞かせでたくさんの本にふれることには、想像力を刺激する効果があります。
これを繰り返すことで、登場人物の心の動きまで考えられるように成長しますよ。
これは、後々人間関係を築く上でとても大切な力になりますので、育ててあげたいですね。

3.言葉や世の中の仕組みがわかる「学習」として

絵本の読み聞かせには「言葉や世の中の仕組みを学ぶ」という効果もあります。
大きくなってからはもちろんのこと、年齢が低いうちも繰り返し絵本を読んであげることで、様々な単語が頭に残ることでしょう。
読み聞かせでたくさんの言葉のシャワーを浴びせて、言葉の発達効果を促しましょうね。

絵本の読み聞かせには、子どもの心や知識を発達させる効果がたくさん。
短い時間でもかまいませんので、毎日コンスタントに絵本タイムを設けるようにしてください。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-絵本読み聞かせ
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.