毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

絵本読み聞かせ

胎教に始めよう!自宅で楽しむ「おなかの赤ちゃんへの読み聞かせ」

更新日:

妊婦さんの多くが興味を持っているという胎教。
音楽や英語などの知育方面に偏りがちですが、最近注目を集めているのが絵本の読み聞かせの胎教です。
では読み聞かせにはどんな効果があるのでしょうか。胎教の読み聞かせについて調べてみました。

胎教とは?

胎教とは「おなかの赤ちゃんに教育を施す」という意味ですが、実際おなかの中の赤ちゃんは、外の音がはっきりとは聞こえていないと言われています。
なのに、なぜ胎教が話題になっているのでしょうか。
それは、良質な音楽や芸術などにふれてママがリラックスすることで、血流が良くなり胎児の脳細胞が刺激すると言われているからなのです。

ママが赤ちゃんのためにと好きでもない英語を聞いていたとしても、それをストレスに感じているなら、むしろ血流が悪くなり赤ちゃんには悪影響。
おなかの赤ちゃんのためと考えるなら、ママがリラックスできるものが一番です。

手軽に楽しめる「読み聞かせ」

リラックスして胎教を行うのにおすすめなのが、自宅でできる絵本の読み聞かせです。
将来産まれてくるおなかの赤ちゃんに読んであげるつもりで、優しい気持ちで読み聞かせしてあげましょう。
大きい声ではっきりと読んであげると、おなかの赤ちゃんに声が届きやすくなりますよ。
胎教で読み聞かせてあげていた絵本は、産まれてからも子どもが好んで読むという傾向があります。
本を選ぶときは産まれてからも使うことを頭において、名作を選ぶといいですね。

胎教は、胎児へ直接知識を叩き込むものではありません。
ママとおなかの赤ちゃんが、リラックスして良質な芸術を楽しむことで、赤ちゃんの脳を刺激するのが目的です。
絵本の読み聞かせは手軽にできておすすめの胎教の一つ。出産前に充実した時間を過ごしてくださいね。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-絵本読み聞かせ
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.