毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

おべんとうバスは0歳の赤ちゃんでも食いつきますのでおすすめ!

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本


おべんとうバス

おすすめの年齢:0歳から

おべんとうバス絵本のあらすじやおすすめポイント

お弁当の中身であるハンバーグ、エビフライ、ブロッコリーなどが順番に名前を呼ばれて返事をしながら真っ赤なお弁当バスに
乗り込んでいきます。
 
そしてお弁当の具が全員乗り込んだらバスは出発。
そして最後に、みんなで「いただきます」をして真っ赤なお弁当バスが開かれるといういたってシンプルなお話しの流れです。

でも、このシンプルなお話しの流れが0歳の赤ちゃんにも受け入れられると思うのです。
それに、絵が単純で可愛らしく、赤ちゃんにも抵抗を感じさせないでしょう。

そして一番のポイントは、「この絵本のイメージは何ですか?」と聞かれたら、「赤」と答えられるぐらい、バスの赤が印象に残る絵本なのです。

赤ちゃんにとって、この単純な印象こそが、抵抗感無く入っていける最初の絵本になるではないでしょうか?

おべんとうバス絵本を読み聞かせた時の体験談

この絵本はたまたま私の父(娘からしたら祖父)が私の娘に初めて買って来てくれた絵本です。
父いわく、「本屋さんでたまたま平置きで売られていて目についたから買ってみた」という事でした。

でも、この絵本は私の娘にとって大当たりだったと思っています。

何故なら私の娘はかなり強い強度近視で、3歳で眼鏡をかけるまでは、ほとんどの物に興味を示してくれませんでした。
なので絵本に関しても無関心で、どれだけ読んであげても聞いてくれず、最後は泣き出す始末でした。

それが、この「おべんとうバス」だけは喰い付いてくれたのです。なのでこの絵本ばかり何回も何回も読んであげていました。

「どうしてこの絵本だけは興味を示すのかな?」とずっと不思議だったのですが、私が思うに「きっとバスの赤がかなりインパクトがあり、視力の弱い娘にも受け入れやすかったのではないかな?」という事です。

眼鏡をかけるようになってからは色々な絵本を楽しめるようになり、一時期「おべんとうバス」は本棚の奥にしまわれていましたが、数年前図書館のイベントに参加した時、この「おべんとうバス」の大型絵本が出て来て、娘は「持ってる持ってる」と大はしゃぎし、又家にあるこの絵本を取り出しては時々見るようになりました。


→おべんとうバスはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.