毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

どうぞのいすのあらすじと感想(3歳〜4歳)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本


どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)

おすすめの年齢:幼児から小学低学年

どうぞのいす絵本のあらすじやおすすめポイント

うさぎさんが作った小さな椅子。
「どうぞのいす」と書いた看板も一緒に丘の上に置きました。
そこに訪れる沢山の動物たちの物語。

まずは、どんぐり拾いをして家に帰る途中のロバ。疲れていたので一眠り。
沢山拾ったどんぐりのカゴは、どうぞの椅子の上。

通りすがりの動物たちが、どうぞの椅子に置かれているものを見て、ついつい食べてしまいますが、「からっぽにしてしまってはお気の毒。」と。

決してからっぽにならない、優しい思いやりあふれる物語。

どうぞのいす絵本を読み聞かせた時の体験談

うさぎのしっぽがトレードマークの可愛い椅子。
「どうぞのいす」という言葉も何を示すのか?

これから始まる物語に、始めから想像が膨らみます。

どんぐり拾いで疲れたロバが座ると思いきや、どんぐりいっぱいのカゴを椅子の上に置く、、、小さな仕掛け。

それから?それから?と、ワクワクがとまりません。

後から訪れる動物たちの言葉、「でも、からっぽにしてしまってはあとのひとにおきのどく。」のセリフは回を重ねるごとに、子供達の声が響き、最後のほうには、子供達全員の声が揃った程です。

心優しい森の動物達と、どうぞのいすに置かれたどんぐりカゴの中身。

何も知らずに眠っていたロバさんのおとぼけな様子も可愛いらしくて、読後の感想もそれぞれです。

カゴの中身について語る子、ロバと自分を重ね合わせる子。
もっと長い時間、ロバが眠っていたら、カゴはどうなっていたのだろう?など。

続編が待たれる作品です。
聞いてくれた子供達に、続きの物語絵本を作ってみるのも楽しいかもしれません。


→どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)はこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.