毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

めっきらもっきらどおんどん(3歳、4歳におすすめ)の感想

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)

おすすめの年齢:幼稚園(4歳以上)

めっきらもっきらどおんどんのあらすじやおすすめポイント

 男の子が不思議な呪文を唱えると、不思議な世界に辿り着き、不思議な妖怪たち3匹と遊びます。

 まずはその妖怪たちが面白いです。怖いというよりは、ユーモラスです。絵もかわいらしいし、振る舞いもかわいらしいのです。男の子と遊びたくて、お互いに喧嘩を始めたりするのです。遊び方も、1匹ずつ異なって、面白いです。

 ユーモラスな妖怪たちと遊ぶのは楽しいですが、やっぱり不思議な世界に入り込んでしまって、戻れるのかどうか、心配になってきます。男の子も帰りたくなって、心細くなってきます。なんとか帰れて、最後に「良かったね」とほっと一安心できるのも、この本の良いところだと思います。

めっきらもっきらどおんどんを読み聞かせた時の体験談

 最初は普通に穏やかに読み始まるのですが、妖怪たちが飛び出してきた瞬間から、「わ~っ」という感じで、読むほうも聞く方もテンションが上がって楽しくなります。
 
 妖怪たち3匹が、それぞれ姿かたちも遊び方も大きく異なるので、「どの妖怪と遊びたい?」と聞き合うのも楽しいです。「この妖怪と遊びたい!」という感じに盛り上がっていきます。

 遊び疲れた妖怪たちが眠ってしまったあたりでは、「男の子本当に帰れるのかな」と、聞いている方も心配になってきます。やっと帰れて良かったねと安心します。

 本の一番最後は、「男の子は呪文を忘れてしまったけれど、君は覚えているかな」と、聞き手に問いかけるような形で終わります。それを受けて、読み終わってからも盛り上がります。「覚えているよ」とか「忘れちゃった」とか言いながら、本の最初の呪文の部分をもう一度こっそり読み返したります。暗唱する子もいたりするので、「そのまま不思議な世界に行ってしまうよ」とちょっと脅かしたりすると、「平気だよ」と強がったり、「やっぱり忘れた」とごまかしたりするのも面白いです。

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.