毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

ペコルちゃんのたべものでんしゃのあらすじと感想

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

ペコルちゃんのたべものでんしゃ (はじめてであうえほんシリーズ)

おすすめの年齢:0歳~1歳

ペコルちゃんのたべものでんしゃのあらすじやおすすめポイント

主人公のペコルちゃんが、ママが電話中にバックの中身に興味をしめし中のものをドンドン出していってしまうもの。

買い物バックの中にはスーパーで買った食べ物が沢山詰まっています。

牛乳、卵、にんじん、たまねぎ、重さや色や形も様々なものです。ペコルちゃんは一つ一つをバックの外へ出してしまいます。

ペコル君の悪戯にママは全く気づかず電話をしています。ついにペコル君は全てを外に出してしまい、自分がバックの中に入ってしまいます。外に出した食べ物は1列に並んでまるでペコル君は電車の運転手のようです。

おすすめは日常生活で触れ合う「食材」が重い、軽いなど言葉で説明されているもの、そして何より絵がかわいいです。

ペコルちゃんのたべものでんしゃを読み聞かせた時の体験談

はじめは、いつもと変わりませんでしたが、ペコル君がママのバックに興味を示した辺りから、子供もしっかり興味を示しだしました。

同じ経験をしているだけあって興味津々と言った所でしょうか。そして色んなものが1つずつ出てくると、「わーい」「にんじんだ」「卵、卵」など言葉を繰り返し、目を輝かせています。

最後にペコル君はママのバックに入ってしまうのですが「いいな、入りたい」と恐ろしい一言を。

さすが子供は好奇心が旺盛だなと感心しました。この絵本は子供の好奇心に働きかけてくれるようです。

そして数日後、見事に私のバックに入っていた姿を見たときは思わず、絵本と一緒に写真を1枚。
買い物バックではなかったために細かいものが全てだされて泣きたくなったのですが。

 後日友達にもこの本を紹介し、貸して上げました。後日携帯でとった私の息子の写真を送った所、友人の子供の同じような写真が送信されてきました。どうして子供ってバックに入りたがるんだろうと2人で笑いました。

ペコルちゃんのたべものでんしゃ (はじめてであうえほんシリーズ)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.