毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

絵本読み聞かせ

IQよりも重視される!?近年注目をあびるEQとは一体何だろう?

更新日:

最近注目を浴びているのがEQという数値。
IQという言葉を耳にした人は多いと思いますが、このEQについては知らない方も多いのではないでしょうか。
IQよりも重要視されることもあるというEQ、この二つには一体どのような違いがあるのか調べてみました。

IQとEQの違いとは

IQが知能の高さを表す「知能指数」なのに対して、EQは思いやりなどの人間性を算出した「情動指数」と言われています。

IQは脳の知性部分だけを算出しているので、IQが高いと頭のいい子ということになります。
ですがこの数値には人間性が全く加味されていません。
頭が良くても人間性に欠けていたら、仲間と共存できない場合もあるでしょう。

そんなIQに対し、EQは思いやりや感情のコントロールなどの人間性を数値化したものです。
自分の感情をコントロール出来、前向きに明るく考え、他人の気持ちがわかってもらえるような人間がEQの高い人と言えます。
EQが高い人は心が成熟しているので、人間関係をうまく作ることができることが多く、幸せな人生を送ることができる確率が高そうですね。

IQとEQ、どちらのほうが大切?

IQだけが高くても人間性に欠けますし、EQだけが高くても知性が足りないということになってしまいます。
IQとEQはどちらか片方を重視するのではなく、どちらも併せて育てていくと、バランスのとれた人間になると思いますよ。

IQを高めるトレーニングはたくさん出回っていますが、EQはなかなかトレーニングでは育てられないもの。
EQの判断基準である人間性を高めるためには、集団の中で多くの経験を積むことが一番の早道です。
なるべく多くの経験を積んで、心の成熟を育てていきましょう。

知性を数値化したIQと、人間性を数値化したEQ。
どちらが欠けてもバランスのとれた人間にはなれません。
知識と人生経験、両方積み重ねながら成熟した人間に育てていきましょう。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-絵本読み聞かせ
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.