毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

絵本読み聞かせ

迷ったらコレ!定期購読の絵本「ぶっくくらぶ」がおすすめな理由

更新日:

定期購読絵本「ぶっくくらぶ」って聞いたことがありますか?
童話館という会社がやっている絵本の配本システムで、子育てママの中では非常に定評のあるサービスです。
今回はこの定期購読絵本「ぶっくくらぶ」についてまとめてみました。

配本システムってなに?

絵本なんて本屋さんで買えばいいじゃないと思っているママもいると思いますが、自分で選ぶとどうしても好みの絵本ばかり買ってしまいがちですよね。

このぶっくくらぶの配本システムは、絵本選びのプロが日本中の絵本から厳選した絵本を、お子さんの年齢に合わせて毎月選んで送ってくれるもので、様々なジャンルの絵本と出会えるのが特徴です。
出版社や著者にとらわれず、多方面から絵本を選んでくれるのがぶっくくらぶのいいところ。
意外な絵本に子どもが興味を示すこともあり、ぶっくくらぶを購読しているだけで、知らず知らずに知識の幅が広がるのが嬉しいですよね。

でも価格が高そうで心配…

定期購読絵本のぶっくくらぶでは、毎月2冊の絵本が送られてきます。
絵本の代金にもよりますが、だいたい2500円前後になることが多いようです。
ですが、本屋さんで絵本を買うよりもぶっくくらぶのほうが安く買える本もありますから、必ずしも高いわけではないと思いますよ。

予算によっては毎月1冊で契約することもできるので、心配な方は童話館に相談してみてくださいね。

絵本の定期購読は他にもいくつかの会社がやっています。
ですが童話館のぶっくくらぶは、出版社や著者にとらわれずに日本中の絵本から、各年代向けの絵本をセレクトしてくれるという、他には類をみないサービス。出産祝いやプレゼントに申し込みをする方も多いのだとか。
絵本に興味がある方は、ぜひいちどぶっくくらぶをチェックしてみてくださいね。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-絵本読み聞かせ
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.