毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

はっくしょんしてよかばくんの口コミ

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:はっくしょんしてよかばくん

おすすめの年齢:3歳

はくしょんしてよ、かばくんのあらすじやおすすめポイント

くしゃみがたくさん出てしまうかばくん。

お友達を一緒に遊んでいても、かばくんの大きなくしゃみでみんなを飛ばしてしまい、上手に遊べません。

かばくんはくしゃみを気にして、一人でおうちに帰ってしまいます。

でもお友達はそんなかばくんを励まし、一緒に遊べるように色々考えてくれます。

読んでいて、お友達のかばくんに対する優しい気持ちが、本当に嬉しくなります。

「お友達っていいな」って思える絵本です。

こんな風にいいお友達がたくさんできるといいね、と言って読み聞かせています。

はくしょんしてよ、かばくんを読み聞かせた時の体験談

娘の今一番お気に入りの絵本で、毎晩わたしのところに持ってきます。

娘の心をつかんだのが、かばくんの大きなくしゃみです。

「は、は、は、は、はっくしょーん!」というところが大好きなんです。

くしゃみのところは、大きなかばくんがページいっぱいに大きく描かれていて、本当に大きなくしゃみというのが伝わってきます。

娘も一緒に、「は、は、は、は、はっくしょーん!」と言います。

でも大きなくしゃみでお友達を飛ばしてしまって、しょんぼりお家へ帰るかばくんは、豆粒くらい小さく描かれていて、娘は「小さい」と言って、「かばくん泣いてるの?」と聞きます。

ちゃんとかばくんの悲しい気持ちに気づいているようです。

お友達がかばくんのくしゃみで、みんなで楽しくお空を飛んでいるところでは「うわーい。いいね!」と言います。

自分がダメだなと思っているところも、

お友達が認めてくれることで、乗り越えられるということを教えられる、

素敵なお話だなと思います。

→はっくしょんしてよかばくんはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.