毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

はじめてのおつかい絵本のあらすじと感想(4歳以上)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

おすすめの年齢:4~5歳

はじめてのおつかいのあらすじやおすすめポイント

みいちゃんという5歳の女の子がお母さんにおつかいを頼まれて、一人で牛乳を買いに行く話です。
みいちゃんのうちには赤ちゃんが生まれたばかりでそのあかちゃんのためのお買い物です。一人で出かけるだけでも5歳の子どもにとっては大冒険ですが、途中自転車が横を通り過ぎたり、転んでお金を落としたり。

けがまでしてしまいますが、泣き言一つ言わないで頑張るみいちゃん。お店についてもなかなかおばさんに気づいてもらえなく、最後に勇気をだして大声で声をかけます。安心して涙をこぼすみいちゃん、お釣りももらわず走って帰ります。

おつりももらって帰っているとお母さんが赤ちゃんを連れて迎えに来てくれています。大人の思う大冒険ではなくても、子供にとって日々の生活の中に冒険はたくさんあるのです。林明子さんの絵本はそういう子供目線で日々の日常が描かれています。

読んでいると、子供たちは、本当に不安そうな顔で聞いています。そして、みいちゃんがトラブルに会うたびに「アッ!」という顔をします。すっかりみいちゃんの気持ちになってしまいます。

最後に裏表紙の描かれた絵には、みいちゃんが傷の手当てをしてもらい、自分の買ってきた牛乳を飲みながら満足げな顔をしています。本編にはこの姿にみんなほっとします。聞いている子供たちの中でも物語は完結するのだと思います。
ちょうど下の子が生まれておねえちゃんになった子供に読んであげたい一冊です。

はじめてのおつかいを読み聞かせた時の体験談

上にも書きましたが、こどもたちはすっかりお話の中に入り込み、みいちゃんの気持ちでドキドキしています。まず、5歳でおつかいにひとりで行くという場面では、「私一人で行けない!」とか「私行けるよ!」と口々に言います。最近は子供が一人で出歩くということは防犯上できないことですから、驚き方は年々大きくなっています。

そして、読み進めると、聞いている子供たちは場面ごとに真剣な反応をみせてくれます。お金を探す場面では必死に探して「あった!ここだよ!」と教えてくれたり。また、私が「ぎゅうにゅうください!」と大声で言った瞬間、自分もぽろっと涙がでてしまった子もいました。

実際わが子に初めて読んだのは、ちょうど娘が3歳で弟が生まれたときでした。やきもちからあかちゃんの世話にじゃまばかりだった娘ですが、大好きな1冊になり、何度もせがまれたことを覚えています。親の私も弟と同じものを娘にあげたり、彼女の自尊心を大切に思うことを学んだ大切な本になりました。

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-, , ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.