毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

じゃあじゃあびりびりのあらすじと感想(0歳赤ちゃん)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

おすすめの年齢:0才

じゃあじゃあびりびり絵本のあらすじやおすすめポイント

紙や水、飛行機、掃除機など身近なものの擬音語が載っている絵本です。

ぶーんぶーん、だったり、びりびり、だったり、その音自体を聞くことが楽しいようです。

また、厚紙で出来ている本なので、10ヶ月の娘にもめくりやすいようで、本をめくる面白さも子供に体験させられます。

身近なものの音の表現を覚えてくれたらと思い読み聞かせています。

0才でも繰り返し読んで飽きない長さがちょうど良いです。

赤い表紙だからなのか、本棚から娘が自分で選ぶ事が一番多い絵本です。

じゃあじゃあびりびり絵本を読み聞かせた時の体験談

「みず、じゃあじゃあ」と読んでいるときに、水栓から水が出ている絵を触ってみるなど、身近なものとその擬音語が結びつくので良い学習になります。

娘は、私の膝で絵本を見ながら、絵の部分を触ったり叩いたりする事が多いです。

調子が良い時は上手にページもめくってくれます。

とてもシンプルなので、そこから何かイメージをしたり、ストーリーがあったりするわけではないのですが、単純な繰り返しが子供には良いのかもしれません。

各ページが少し渋めの原色でパキッとした印象です。
はっきりした色なのも、0才の頃には見えやすく、興味を惹かれやすいのかと思います。

普段の会話では網羅出来無い音が含まれているのか、読んで聞かせている声を聞くのが楽しいようです。

絵が切り絵風なのも可愛く、素朴な雰囲気で気に入っています。
飛行機も、掃除機も、どこかレトロな感じがします。

15cm×15cmほどの小さな絵本なので、お出かけにも持って行きやすいです。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-, , ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.