毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

ねこねこ 10ぴきのねこ絵本の口コミ感想

更新日:

ねこねこ 10ぴきのねこ

おすすめの年齢:2~3歳

ねこねこ 10ぴきのねこ絵本のあらすじやおすすめポイント

「1ぴきめのねこは、わたしです。カーペットのうえで おすまし。」と始まります。猫が自分で自己紹介していたり、読み手が猫を紹介したりなど計10匹の猫の紹介をしていく絵本です。いろいろな猫たちが出てくるので子供には楽しいと思います。子供にも分かりやすい短い文章と数字。大きなイラストで描かれているので猫が好きなお子さん、お母さんにもお勧めです。

最初このイラストは綺麗だけれど大人向きかなと思い心配しましたが子供は好きでした。  

ねこねこ 10ぴきのねこ絵本を読み聞かせた時の体験談

私の母から子供へのプレゼントの絵本だったのですが最初読み聞かせている時はじっと聞いていただけだったのですが、3歳を過ぎるころには読み聞かせ途中に「これはこれは?にゃんにゃんは?」と興味を示していました。猫ごとに少しキャラクターを演じて読むとより一層面白がりもう一回読んでとせがまれることが多かったです。親子で楽しく読める絵本だと思いました。

寝る時に、今日は寝る前にどの絵本読む?と聞くとしばらくの間かならずこの絵本を持ってきていました。ほぼ毎日読む何冊かの絵本のうち必ず入っていたので、かなり好きな絵本になったようです。

また読み始めからしばらくすると「この猫はネズミさんが友達なんだよ」と読んでるページの猫の様子を説明してくれるようになりました。もうすぐ4歳になる子供は今は毎日と読むわけではありませんがたまにこの絵本を持ってきて読んでといいます。この絵本は文章も短いので一緒に声を出して読めるのも良いところだと思います。

ひらがなを読めるようになってきたので一人で読めるようになる最初の本に良いかなと思いました。

ねこねこ 10ぴきのねこ

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.