毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

島田ゆかの「バムとケロ」シリーズの感想口コミ

更新日:

バムとケロのにちようび

おすすめの年齢:4~6歳

バムとケロ絵本のあらすじやおすすめポイント

 犬のバムとカエルのケロが、一緒に暮らしています。そして、飛行機に乗っておじいちゃんに遊びに行ったり(「バムとケロのそらのたび」)、市場に買い物に出かけたり(「バムとケロのおかいもの」)します。その1日の出来事をつづった絵本なのですが、本当に面白いです。

 私も最初は、漫画のような描き方と、突拍子もない世界観に違和感を覚えたのですが、読めば読むほどハマります。

 とにかく、不思議な世界観です。なんだかわからない生き物が脇役として、たくさん出てきます。

 それから、本当に細かく書き込まれています。たとえば、前のシリーズでの出来事がさりげなく次のシリーズに出てきたり、絵の隅の方で脇役が動いていたりするので、そういう本題とは離れた細かい部分を見つける楽しみもあります。

バムとケロ絵本を読み聞かせた時の体験談

 主役のバムとケロの性格ははっきり分かれていて、バムはしっかりもの、ケロちゃんはへんてこな感じです。

雨の日に外でびしょびしょになるまで遊んだり、ランチのメニューをたくさん取り過ぎて食べきれなかったり、落ちている汚れたおやつを食べようとしたりと、まるで子どもみたいです。聞いている子どもにとって、バムはお母さんみたいな存在で、ケロちゃんは自分に近い存在なのかもしれません。「全く、ケロちゃんたら、いつも変なんだから」などと言いながら、と大笑いします。

 このシリーズは、1回読んだだけでは、その面白さが伝わらないかもしれません。そして、一度にたくさんの子どもを相手に読むよりも、2~3人で絵本の周りにくっついて読むほうが、楽しいかもしれません。

お楽しみは、本を読みながら見つける、細かい設定です。「こんなところに、脇役がいて、こんなことしている」とか、「この本のこれ、別のシリーズにも出てきた」とか、新たな発見をするたびに、ページをめくる手が止まります。

そして、そういう細かい設定はたくさん隠されているので、じっくり読んで楽しめます。

バムとケロのにちようび

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.