毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

おやさいとんとん絵本(0歳〜1歳)の感想口コミ

更新日:

ママと赤ちゃんのたべもの絵本 (2) おやさいとんとん

おすすめの年齢:0~1歳

おやさいとんとん絵本のあらすじやおすすめポイント

じゃがいも、人参、玉ねぎ、ブロッコリーが登場し、洗われて、刻まれて、お鍋でぐつぐつ煮込まれて・・・。最終的にお野菜カレーができた!というお話です。
野菜達がとてもかわいらしく描かれていて、順番にまな板の上で刻まれていく描写もリズミカルで、歌うように楽しく読むと小さなお子さんでも十分に楽しめます。

普段よく目にする野菜だけに、子供もよく食いつくし、最後のページでは子供にいただきますを教えることができる、とてもいい作品です。

おやさいとんとん絵本を読み聞かせた時の体験談

最初にわが子に読んだのは6か月くらいの時。内容こそ理解していませんでしたが、何度も出てくる「とんとんとん」のリズムやお鍋を煮込むときの「ぷっぷくぷー」の音など、擬音に食いついて声を出して笑っていました。

1歳を過ぎて、だいぶ単語が出てくるようになってからは、「ニンジン!」などと指さして教えてくれるようになりました。ブロッコリーに関してはこの本の影響でしばらくずっと「ぶんぶん」と言っていましたが・・・(笑)

また、人参や玉ねぎなど、野菜達が刻まれる場面では、ページ全体がまな板になっているのでとても分かりやすく、子供も実際に「とんとんとん」の声に合わせて自分で本を叩いて読んでいました。

もう少し大きくなったら実際に包丁を握らせて、とんとんと野菜を刻み、鍋でぐつぐつ煮込んでお野菜カレーが出来上がるところを子供に見せてあげたいなぁと思っています。
そういった意味で、食に興味のないお子さんや好き嫌いのあるお子さん達が、興味を持つきっかけになる本ではないかと思います。

ママと赤ちゃんのたべもの絵本 (2) おやさいとんとん

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.