毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

1歳〜2歳におすすめの絵本

ぷにょぷにょなあに?のあらすじと感想

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本と最適な年齢を教えてください。

ぷにょぷにょなあに? (ぴよちゃんとさわってあそぼ!)

おすすめの年齢:0~2歳

ぷにょぷにょなあに?のあらすじやおすすめポイントを教えてください。

この絵本は、いろいろな動物の一部を立体的な触り心地のある素材を使って、どんな触り心地なのか楽しみながら読み進めることができる絵本になっています。
たとえば猫の肉球。ぷよぷよやわらかい様子をフェルトを使用して再現しています。

象の鼻は厚紙を扇子折にして凸凹した感触を表現しています。
前のページでは動物の全体はうつっておらず、なんとなくの動物のフォルムと再現した素材の触り心地を感じて、なんの動物なのか想像しながら読み進めることもできるのが楽しみだと思います。

ぷにょぷにょなあに?を読み聞かせた時の体験談を教えてください。

最初の反応は、私が想像していたよりもそっけなかったです。
今まで感じたことのない触り心地を楽しんでくれるかなと思っていたのですが、ほとんど興味なし。

触ってみたら興味を持ってくれるかもと無理矢理触らせてみましたが逆効果で、嫌がられてしまいました。
ですが、何度もその絵本に触れていくうちに自分から絵本を開いて読んでくれるようになりました。

うちにある絵本のほとんどが破られたり、噛まれたりで補強が必要な状態なのですが、この絵本は紙が分厚くめったなことでは壊れないので、安心して子供に渡しておくことができます。

また、自分でめくるのも簡単にできるので楽しそうに本に触れあっています。
まだ、本への理解はしっかりしていないので、せっかく表現されている立体的な部分にはあまり興味がないようで、たまに触れる程度です。

今はやさしい絵の感じや、ページをめくる楽しさを感じてくれればいいのかなと思います。
これからも、この本に触れることで、触感が刺激されてくれるといいなと思います。

紙でできている本でも、工夫をすることで楽しい触感が生まれるんだということをいつか理解してくれたら、豊かな発想をもつ機会になったりするのかなと期待している部分もあるのでこれからも、たくさんこの絵本に触れあってほしいです。

ぷにょぷにょなあに? (ぴよちゃんとさわってあそぼ!)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-1歳〜2歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.