毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

ようちえんいややのあらすじと感想(3歳−4歳の読み聞かせ)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:ようちえんいやや

おすすめの年齢:3歳〜4歳くらい

ようちえんいやや絵本のあらすじやおすすめポイント

長谷川義史さんの絵本です。
ようちえんにいくのを嫌がるお友だちがたくさんいます。

どうして行きたくないのかな?
理由はそれぞれ。

いちごが好きなのにももぐみだから
イスのマークがへびだから
あいさつするのがいやだから

いろんな理由で子どもたちは泣いています。
でも、本当の理由は別にあるみたい。

春の読み聞かせにおすすめの絵本です。
四月から幼稚園や保育園に入るお子さま、お母様に読みたい作品です。

関西弁で書かれているので、関西に住まわれている方ならすごく自然な感じで読んでいただけるのではないでしょうか。

ようちえんいやや絵本を読み聞かせた時の体験談

数年前の4月に、読み聞かせ会で読ませていただきました。
季節に合った絵本だということで選びました。

先に、導入として、
こどもたちに、
「ようちえん行ってた人手を挙げて~!」「じゃあ保育園行ってた人手を挙げて~!」と、
自分の体験と近づけてもらうために問いかけをしました。

小さいお子さまも、小学生のかたもいらっしゃいましたが、身近なテーマの絵本なので入りやすかったと思います。

「どうして泣いているのかな?」という場面が繰り返されるのですが、

なんでだと思う?
と聞くとうーん、と真剣に考えてくれました。こうだとおもう!ああだとおもう!
と、思ったことを口にしてくれるお子さまも見えました。

次のページを開けてみると、嫌がっている理由がとってもかわいいので、お母様がたがくすくすと笑う感じでした。

文言が繰り返しで書かれているのと、全体的に文が短めでテンポよく読めるので、小さなお子さまも飽きずに楽しんでくれたと思います。
小学生の方は数年前に自分もこういうのだったかなぁと、その時の事を思い出してくれるかなと、思いました。

→ようちえんいややはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.