毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

1歳〜2歳におすすめの絵本

かんぱーい絵本の感想(1歳−2歳)

更新日:


かんぱーい
おすすめの年齢:0.1.2歳
動物たちがそれぞれの好きな食べ物でかんぱいしていくお話です。

「〇〇は何でかんぱい?」という疑問文があり、次のページに「〇〇は△△でかんぱーい」を繰り返します。

単純なストーリーですが、少しずつものの名前を覚えだした子どもにはうってつけです。

出産祝いにお友達から頂いた絵本です。
今ではこの絵本が大のお気に入りです。

1歳半の息子は毎晩寝る前に必ずこの本をベッドに持ってきます。

そして、1回読み終わっても、もう1回!もう1回!と繰り返し読むようにせがんできます。

「かんぱーい」を繰り返していくストーリーなのですが、この時期の子どもは繰り返しが大好きなので、何度でも食い入るように絵本を見ています。

覚えたばかりの動物や食べ物が出てくるので、嬉しそうに指をさしながら「ぞー(ぞう)!」「バナー(バナナ)!」と教えてくれます。

そして、「かんぱーい」のフレーズのところでは、私の声に合わせ「ぱーい!」と言いながら乾杯をする真似をしてくれます。

普段の食事中でも、コップを見つけると「ぱーい!」と上手に乾杯をするようになりました。主人やおじいちゃん、おばあちゃんも息子の乾杯に大喜び!

最近では、コップだけでなく、パンやリンゴなど何でも乾杯の嵐です。
忙しい時は少々面倒に感じる時もありますが、でもこんなことをしてくれるのも今だけだと思うと、本当に愛おしいです。

中でも大好きなページは「とりさんはさくらんぼでかんぱーい」のページです。

このページでは、小鳥がくちばしにくわえたさくらんぼで乾杯をするのですが、まるでチューするような絵なので、息子も口をチューの形にして、嬉しそうに顔を近づけてくれます。

この表情に1日の疲れが吹っ飛ぶぐらいです!

絵本を読んでいないときでも「とりさんは何でかんぱい?」と聞くと、チューの口をしてくれます。これが本当に癒される!

絵がかわいいので、読んでいるこちらもほっこりした気持ちになります。また、色合いが優しいので寝る前にちょうどいい絵本だと思います。

内容自体は単純なものですが、これぐらいの年齢の子どもにとっては、こういう内容が楽しいんだなぁとしみじみしました。

かんぱいをしない子を見たことがないくらい、子どもってかんぱいが大好き!なので、本当オススメの絵本です。


かんぱーい

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-1歳〜2歳におすすめの絵本

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.