毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

こねこがにゃあ絵本のあらすじと感想(0歳読み聞かせ)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:こねこがにゃあ

おすすめの年齢:0歳

こねこがにゃあ絵本のあらすじやおすすめポイント

お母さんネコが子猫を呼ぶと、子猫はいろいろなところから出てきます。
カゴの中、タオルの中、袋の中、カーテンの陰などから可愛い顔をのぞかせます。
最後は、みんなお母さんネコのところに集まってじゃれています。

ポイントは、リズムがどのページをめくっても同じで、読んでいても聞いていても気持ちがいいです。
『すると、カゴの中から』→〈ページをめくる〉『こねこがにゃあ』とかかれていますが、私は『すると、カゴの中から、こねこが』→〈ページをめくる〉『にゃあ』と、絵に合わせて読んでいます。

こねこがにゃあ絵本を読み聞かせた時の体験談

0ヶ月の新生児の頃から読んでいました。
赤ちゃんに、私の声を聞かせてあげたくて読みはじめました。

初めは、見ているような、聞いているような感じでしたが、繰り返し読み続けついました。
赤ちゃんが泣き始めた時に、読み慣れたその本を持ってきて読むと、泣きやんでいました。

リズムが心地よかったのか、聞いている間は泣きませんでした。
でも、絵本をやめてまうと、泣いていました。
覚えやすいので、すぐに大人は暗記してしまいます。

ですので、絵本がなくても、抱っこしながら『こねこがにゃあ』と素話をする事もありました。
2ヶ月の時に、『こねこが・・・』というと、赤ちゃんは『だぁ・・』と声を出して喜んでいました。

偶然ではなく、私がストーリーをはなし始めると毎回赤ちゃんは喋っていました。
それぐらい、赤ちゃんにとって親しみやすい絵本なのかなぁと思いました。

今、10ヶ月で、相変わらず『こねこがにゃあ』の絵本を読み聞かせています。
自分でめくったり、猫の目を指でさわったりしながら楽しみ方も変わってきました。

→こねこがにゃあはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.