毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

1歳〜2歳におすすめの絵本

1歳の赤ちゃんにおすすめのもこもこもこ絵本

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

おすすめの年齢:1才から3才

もこもこもこのあらすじやおすすめポイント

すごく単純なストーリーです。ストーリーと呼べるのか疑問なくらい単純です。

しーん。から始まり丸が動く様子を言葉で表現しています。

もこもこもこ、つん、ふんわふんわ、など丸が大きくなったり、ふわふわしていたりする姿を不思議な言葉で表しています。

読み方を一工夫するだけで、いろいろな丸の雰囲気を楽しめます。

また、色彩が子供の興味をひくような、でも身近な色を使っていますし、形が単純なので、子供も親近感を持てるのかもしれません。

もこもこもこのあらすじやおすすめポイント2

この絵本は「もこもこ」や「にょきにょき」などの擬音のみで構成されています。そのため子供が頭の中でいろいろなことを想像して聞くという楽しさがあります。こどもによって解釈が異なる絵本の一つです。

大人自身も、擬音のみの文章をどのようにして読むのか考えるのが楽しいです。読み聞かせてくれた人によってストーリーの幅も広がりそうです。ページをめくるたびに子供の興味をそそるので、何度読んでもおもしろく重宝されるのではないでしょうか。

もこもこもこのあらすじやおすすめポイント3

詩人の谷川俊太郎さんと元永定正さんの合作絵本です。1ページ目には空と大地の絵で「しーん」そこから「もこ」と物語が始まり、もこもこ、にょきにょき、ぱく、ふんわふんわなど不思議な擬音と絵が描かれます。

最後はまた「しーん」。大人にとっては宇宙の始まりから終わりまでを描いたような哲学的な物語に見えますが、子どもは素直に言葉の響きと絵の不思議さに惹きつけられるようです。大判サイズなので大勢での読み聞かせにも最適だと思います。

もこもこもこを読み聞かせた時の体験談

しーん。の始まりでは、子どもと一緒に口に人差し指をあて、しー!のポーズをしながら読みはじめます。

初めての、 もこ、は、ぴょこっと飛び出てきたような感じをだすと、きゃー!と子どもが喜んでくれます。

そこから、もこもこ、もこもこもこ、と、どんどんテンポよく進めていくと、子どもたちも、テンポよくテンションが上がってきているのが分かります。

ギラギラのところでは、お日様が燃えているかのように、両手をギラギラと半回転させたりして表現していした。

ばちん!のところでは、破裂を表しているので絵本の破裂した絵の部分に近づいてきて、パチンと叩いて子どもなりに破裂を表していました。

ふんわ、ふんわ、は、ふわふわと丸が飛んでいってしまったかのように軽い口調で、でも、楽しさも伝わるように読むと、子どもたちも楽しそうに真似して一緒に読んでくれます。

何度か読んでいるうちに、子どもも自然と口ずさめ、アクションもできるようになってきてました。

もこもこもこを読み聞かせた時の体験談2

絵がシンプルで大きいので0歳から、興味をもって聞いていました。ぼんやり見ながらも、たまに声のトーンをかえると笑っていました。1歳くらいだと初めの「もこ」の時点でツボに入っているようでした。読む前からおかしいといった感じです。

何度も読み聞かせているうちに自分もページを開き「もこ」というようになっていました。

さらに2歳くらいになると、ページと書かれている擬音をすっかり覚えてしまって、大人が読む前に「にょき」や「ぱくっ」などと声を出すようになりました。それから「もぐもぐ」のページでは自分も一緒に口を動かしたり、「ぱちん」のページでは絵本をパチンと叩いたりします。ページをめくるたびに、面白いのかゲラゲラ笑っています。

最初はクラゲにみえた「ふんわふんわ」の絵が飛行機に見えたりと成長に合わせて見え方が異なるのも良いなと思いました。

この本、もう何度読み返したかわかりません。初めは読むのが難しいと戸惑いがありましたが、子供の反応が面白くて、こういったほうがいいのかなどだんだんつかめてきました。

「もこ もこもこ」という奇妙なタイトルですが、作品に愛が感じられ、今では親子そろってお気に入りの絵本のひとつです。もしもお友達や兄弟に子供が生まれたら、ぜひプレゼントしたいと思います。

もこもこもこを読み聞かせた時の体験談3

子育て支援センターで毎週絵本の読み聞かせがあるのですが、小さな赤ちゃん達はどうしても気が散ってしまい大人しく絵本を見ることはありませんでした。
この絵本を初めて読んだ時、最初の「もこ」から子ども達が注目しはじめ、その場にいた6人ほどの0歳児の赤ちゃんが最後まで大人しく見入ってしまいました。

それから自宅でも我が子に読み聞かせるようになったのですが、本当に不思議な魅力のつまった絵本です。谷川俊太郎さんの言葉のリズムが心地よく、永定正さんのイラストは色彩が美しいです。

構成がシンプルなので読む度に間の取り方や言葉の抑揚を子どもの反応によって色々変化させると何通りにも楽しめます。我が子は特に「もこ」から大きくなった物体がはじけて「ふんわふんわふんわふんわ」と浮遊するページがお気に入りで、そのページはいつも時間をとってじっくりと見せています。

月齢の大きな子どもがいる読み聞かせの場では、ストーリーを作れるようで、「あーこれ食べられちゃったの」や「亀さんが風船になったよ」「木がお餅になったよ」等々色んな情景描写が出てきます。不思議なイラストが何にでも見立てることが出来るので子どもの創造力を養うのにもぴったりの絵本だと思います。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-1歳〜2歳におすすめの絵本
-, , ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.