毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

5歳以上におすすめの絵本

しゅくだい絵本のあらすじと感想(4歳〜5歳以上)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

しゅくだい (えほんのマーチ)

おすすめの年齢: 年中(4歳)~小学校1年(6歳)くらい

しゅくだい絵本のあらすじやおすすめポイント

先生が出した今日の宿題はなんと「だっこ」!
おうちの人にだっこしてもらってくる、それが宿題です。

みんなの前では「やだ~」って言ってたもぐらのもぐくんも、うれしそうに走っておうちに帰ります。

宿題をしてもらおうとお母さんにお話をしようとしても、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんは、もぐくんの話を聞いてくれません。

「しゅくだいを・・・」と話しかけても、「早くやるのよ」と言われるばかりで、もぐくんは言い出せなくなってしまいます。

夜ご飯。
お父さんやおばあちゃんに、宿題はやったのかと聞かれたもぐくん。
やっとのことで「だっこ」が宿題だと言えたのです。

「はやくしゅくだいやりましょう!」とお母さんがだっこして歌を歌ってくれました。
「今度はお父さんの番だぞ!」といって、お父さんが強く抱きしめてくれました。
「おばあちゃんにも宿題させておくれ」といって、おばあちゃんまで!

おばあちゃんはもぐくんに「また、だっこの宿題が出るといいね」といってくれました。

次の日、先生に「宿題はやってきましたか?」と聞かれ、子供たちはみんな元気に「は~い!」と答えました。

しゅくだい絵本を読み聞かせた時の体験談

小学校一年生の読み聞かせの時間に読みました。

宿題の意味をもちろん理解している子供たちでしたので、「こんな宿題が出るといいなあ」という感想がありました。

もちろん、いわゆる普通の「勉強の宿題」でなくていいな、という意味もあるのでしょうが、それ以上に「おうちの人にだっこしてもらう」ということが減ってきているということなのだろうと感じました。

子供って、学校に入ってしまうと急に親から離れて行くように感じます。
これって、たぶんどの親御さんも感じていることだと思いますが。
子供の側からは「いまさら」という感じがあって、なかなか「だっこして」とは言えないでしょうね。

親の方も、甘やかしてはいけないとか、自立させないととか。はたまた面倒くさいとか。
いろんな気持ちがあって、なかなか「だっこさせて」とは言わないと思います。

そんな親子関係を見られているかのような、この先生のこの「宿題」。
いもとようこさんのやわらかいタッチの絵ともあいまって、
ほんわかとした気持ちにさせてくれるのです。

しゅくだい (えほんのマーチ)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-5歳以上におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.