毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

うんちっち!絵本のあらすじ(2−3歳におすすめ!)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

うんちっち
おすすめの年齢: 2~3才 (年少児くらい)

うんちっち!絵本のあらすじやおすすめポイント

「うんちっち!」としか言えないうさぎの子。
あさ起きたときにも「おはよう」のかわりに「うんちっち」。
のこさずに食べなさいといっても「うんちっち」。
おふろに入ろうと誘っても「うんちっち」。

あるとき、オオカミがやってきて、うさぎの子に「君を食べてもいいかい?」と聞きます。
うさぎの子は「うん、ちっち」と答えてしまいます。
オオカミはうさぎのこを食べてしまいました。

オオカミが家に帰ると、おくさんが「おかえりなさい」といいました。
それにオオカミは答えます。
「うんちっち」。

「うんちっち」としか言えないうさぎの子を食べたので、
今度はオオカミが「うんちっち」としか言えなくなってしまいます。

さて、オオカミはこの後どうするでしょう。
そして、食べられてしまったうさぎの子の運命は・・・?

うんちっち!絵本を読み聞かせた時の体験談

保育園の年少児クラスの読み聞かせの時に読みました。

とにかく子供たちは「うんちっち」という語呂が楽しくて楽しくて仕方ないといった様子で、先生のお話では、しばらくクラスで「うんちっち」という言葉がはやっていたそうです。
悪い言葉・汚いものの言葉、が大好きな年頃ですからね、そういう意味ではオススメしてはいけない本かもしれません。

最後のオチも楽しく、オチの言葉もはやったそうなので(あえてネタバラシはしませんが)
子供が下ネタ好きなのは、今も昔も、そしてきっとこれから先もずっと、変わらないことなのだと思います。
だとすると、この本は永遠の名著ということになるのかも。

絵はいかにも外国の作家さんといった感じ。
線がシンプルで、色使いも派手でポップです。
マンガタッチなので、子供にはわかりやすいかもしれません。
背景なども特別描き込んでいないので、読み聞かせなどに向いていると思います。

道徳的なことは何一つなく、特に感動的な場面もなく、教育的な教えもなく。
ただただ、語呂と絵を楽しむ、そんな絵本だと思います。

うんちっち

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.