毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

2歳におしくらまんじゅう(かがくいひろし)の口コミ

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本と最適な年齢を教えてください。


おしくら・まんじゅう

おすすめの年齢:2歳前後から

おしくら・まんじゅうのあらすじやおすすめポイントを教えてください。

だるまさんシリーズのかがくいひろしさんの絵本で、コミカルで面白い絵本です。大人でも思わず、笑みがこぼれてしまいます。

内容は、赤と白のお饅頭がいろんなもの(饅頭、こんにゃく、納豆、幽霊)とおしくら饅頭をする話です。どうなるのかなー?っと、めくるのが楽しい作りになっています。

絵は、背景などはなくシンプルですが、登場するキャラクターが丁寧に表情豊かに描いてあるので、見やすく、且つ臨場感があります。

文字は少なく、慣れてきたら、ひらがなを覚え始めた子供でも読めて楽しいと思います。

おしくら・まんじゅうを読み聞かせた時の体験談を教えてください。

普通に読んでも楽しい絵本なのですが、子供と二人で絵本の「おされて…」というフレーズに合わせて、お互いに押し合いっこをして読むことがほとんどでした。

最初は、ただ押し合っていただけなのですが、何度も読んでいくうちにページによって変わる相手になりきって、押し合ったしていました。どんな感じなのか、考えるのも楽しそうでした。とても、盛り上がる絵本です。

文字は、キャラクターが喋る形態の短いものがほとんどなので、読み聞かせる時は、そのものになりきって、読んでいました。また、慣れてきて子供がセリフを覚えてきたら、子供と役を分けて読んだりもしていました。

絵も子供が気に入り、すぐに興味を持ってくれていました。コンニャクが押された反動で饅頭を弾き飛ばしている場面と、幽霊が饅頭を食べてしまう場面が気に入っていたようで、何度見ても笑ってました。

また、我が家では、毎日ではありませんが、就寝前にベッドで絵本を読むということを習慣にしていたので、時間がなくても楽しめる絵本として、長く活用していました。


おしくら・まんじゅう

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.