毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

いないいないばぁ絵本のあらすじと感想(0歳ー1歳におすすめ)

投稿日:

読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:いないいないばあ

おすすめの年齢:0歳

いないいないばあ絵本のあらすじやおすすめポイント

動物やこどもが顔を隠した後に「ばあ」といいながら顔を出すおはなしです。
ポイントは、1ページあたりの文字数が少ないため、話のテンポが良く0歳の子供に読んでも途中で飽きられません。

また、1ページ内に余分なものが描かれておらず、「ばあ」と言っている動物に注目するようになっています。
さらに、動物の表情が面白く描かれており、子供と同じ目の高さで絵本を読んでいると、子供が笑っている理由がなんとなくですがわかります。

いないいないばあの感想

生後2か月頃から読み聞かせを始めましたが、最初は絵本の方を見たり見なかったりを繰り返していました。
ですが、日を追うにつれて「ばあ」のページで大笑いするようになりました。

おそらく、描かれている動物の表情が面白いからであると思います。
また、文字の量が少ないため1ページに費やす時間が短く、子供が集中力を維持できる時間内でおはなしが終了します。

読み聞かせをする時は、絵本を左右に動かしたり「いないいない・・・」の時に少し本を閉じたりすると「ばあ」の時の反応がよりよくなります。

さらに月齢が進むと「いまから「ばあ」が来る」という予測ができるようになり、表紙を見ただけでにこにこしながら手足をばたつかせて喜びます。

また、最後のページもオチから見るようになります。
また、読んでいる途中で絵本に描かれている動物を触ろうとします。

おはなしが終わると「ヴヴ、ヴヴ」と怒り、再度読むようせがんできます。
もうすぐ1歳になりますが、今でも毎日読む絵本のローテーションに入っています。

→いないいないばあはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.