毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

0歳〜1歳におすすめの絵本

0歳の赤ちゃんへの読み聞かせにおすすめな絵本「がおー」の感想

更新日:


Sassyのあかちゃんえほん がおー!

おすすめの年齢:生後1ヶ月?2歳頃

がおーの内容

この本は赤ちゃんにとって分かりやすいはっきりした色やシンプルな形で表した動物、リズムのある言葉を使っているので親子で初めて触れる本にぴったりです。

この1冊だけで、色、形、動物を教えることができるので産まれて間もない赤ちゃんから、言葉を覚え出す頃の年齢まで長い期間で楽しめます。

がおーを読み聞かせた我が家の体験談

この本を我が子に使い出したのは、生後1ヶ月半頃でした。 どのくらいの距離のものを見ることができるのか、またどんな色に興味をもつのかを確かめるために見せ出したのがきっかけです。

はじめは20cm程の距離で表紙を見せてみました。じーっと、何かある、程度の感じで見ていたので本自体を見ているのかそれともただ一点を眺めている感覚なのかは不確かでした。

本を開いてみるとカラフルな動物たちがでてきます。こちらもはじめはパラパラと軽く開く感じで見せてみました。すると、あるページだけには反応を見せたのです。

黒をベースにした黄色いきりんの絵がついたページでした。そのページをめくり終わろうとすると、顔を動かして追っているような素振りをみせたので、もう一度同じページを開きました。

そして、そのページを開いたまま本を左右にゆっくりと動かしてみました。

すると、体を反って本を追うように動くのです。まだまだ産まれたばかりで何の反応も期待していなかったのでとても感動したのを覚えています。

それからも毎日違うと交互に読み聞かせしていましたが、色だけではなくリズム感のある擬音語にも興味を持つようになりました。

少し声のトーンを変えながら言葉を読むと、その度にこちらを見てニッコリと笑うようになりました。それをし始めたのは生後3ヶ月頃です。

この本の中の動物はみんなシンプルな丸いお顔にニッコリ笑顔です。そのせいか、この本を見る子供の顔も自然とニッコリしています。

今は7ヶ月になり、自分で本を開く動作をし始めましたが、厚い紙でできたこの本は子供が破る心配もなりません。

小さな手でも開いたり閉じたりすることのできる丁度いいサイズの本なのでおもちゃよりも気に入って開け閉めして遊んだり、いろんな色を眺めたりして子供だけでも少しの時間たのしんでいたりしてくれています。

これからは言葉を覚えたりする時期に入っていくので、この本をまだまだ重宝させてもらうだろうなと思っています。


Sassyのあかちゃんえほん がおー!

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-0歳〜1歳におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.