毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

きんぎょがにげたは2歳〜3歳の読みきかせの定番!

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本


きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

おすすめの年齢:2歳~3歳

きんぎょがにげたのあらすじやおすすめポイント

にげたきんぎょが絵本の中に隠れている!

それはお部屋の中だったり、食べ物の中だったり、おもちゃ箱の中だったり、はたまたテレビの中だったり.....

つかまえたと思ったらまたまた他の場所へにげていく。

親子で一緒にあ!こんなところに隠れている!と探しながら。
また綺麗な色使いやかわいい絵に心が躍りながらも誰もが楽しんで読める絵本だと思います。

最後ににげたきんぎょはどこに行くのか....
それはあとからのお楽しみですね~。

きんぎょがにげたを読み聞かせた時の体験談

この本は上の子が小さい時に大好きな絵本でした。書店のオススメコーナーにあったこの絵本の挿し絵に親の私が一目惚れ!

絵本っていざ買うとなると難しい。。。私が良くても子供にヒットしなかったり、定番だと保育園で読んでいるだろうし。。。

でも中身を読んでも面白そうー!親子で楽しめるかもと思い即決してしまいました。

あとから、定番の絵本だと知りました(笑)

子供もヒットしたようで、「あ!ここにきんぎょ逃げてる!」「いっぱいおってわからんねー」「こんなところにおったら食べられるねー」と見つけたことを得意げにまた嬉しそうに教えてくれました。

それと同時に「この果物は何かな?」「おもちゃのぞうさんどこにおる??」と逆に子供に聞いてみたりして、まだまだしゃべることがたどたどしかった我が子の言葉の獲得に繋げることができました。

下の子がそろそろ読める月齢になってきたので今度は下の子と楽しんで読んであげたいなぁと思います。


きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2017 All Rights Reserved.