毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

もぐらとずぼん(4歳〜)絵本の感想口コミ

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本と最適な年齢を教えてください。


もぐらとずぼん (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)

おすすめの年齢:4歳~

もぐらとずぼん絵本のあらすじやおすすめポイントを教えてください。

ある日もぐらが、干してある青いズボンを見つけて、そのズボンが欲しくてたまらなくなります。
青いズボンを手に入れる為、あの手この手と考えるもぐら。

柔らかいタッチと美しい花々の絵が、本当に自然の中にいるようで、登場するモグラのかわいらしさが、愛おしくて本当に良い絵本です。

自分も子供の頃に、母に読んでもらった絵本ですが、数十年たった今でも、色あせない魅力があります。

私の持っていた本は、随分前になくなってしまいましたが、大人になった時、いつか自分の子供に読んであげたいと、ず大思い続けていたお気に入りの一冊です。

もぐらとずぼん絵本を読み聞かせた時の体験談を教えてください。

子供たちがこの本を見て最初に言った言葉は「おいしそう」でした。
表紙に食べ物は一切描かれていないのに、なんでだろうと不思議でした。

しかし、語彙の少ない子供にとって、おいしそうは最高の褒め言葉だったのかもしれませんし本全体の柔らかなイメージが、おいしそうに感じたのかもしれません。

読み進めると、モグラが考え出した、ズボンを手に入れる方法に、いちいちダメだししたり、感心したり自分たちも、絵本の中の住人になったように、一喜一憂する子供たち。

絵本の読み聞かせは、他にもたくさんしましたが、これほど登場人物(もぐら)と一体感を味わった本は他にありませんでした。

何度もせがまれて読んであげて、ある日「この本のどこが好き?」と子供たちに聞いてみました。

私はてっきりモグラが好きと言うだろうと思っていたのですが、以外にも、子供たちが指さしたのは、背景の植物でした。

背景の植物は、簡略化されたもの、丁寧に書き込まれたものと色々ですがそのどれもが、自分の身近で目にすることがないものだったらしく、それが子供たちの目には、とても魅力的に見えたようです。


もぐらとずぼん (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-, , , ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.