毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

5歳以上におすすめの絵本

100万回生きたねこのあらすじと感想(5歳以上向け)

更新日:

5歳以上に読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:100万回生きたねこ

おすすめの年齢:5歳以上

100万回生きたねこ絵本のあらすじやおすすめポイント

死んでも生き返ることを100万回繰り返した猫の物語です。
100万回の人生で猫は、いろいろな経験をしましたが、彼は本当の愛を感じたことがありませんでした。

しかし、100万回目にねこは、恋におちて子供を持ち家族を作りそして、最後には、愛した妻を亡くすことで、今まで経験したことのない、悲しみや思いやる気持ちを経験します。

大切なパートナーを亡くし、初めて猫は泣きそして、100万回目の人生で彼の人生も最後になります。

100万回生きたねこ絵本を読み聞かせた時の体験談

私の大好きな絵本で、子供ができたら絶対読み聞かせしたいと思っていました。
ただ、少し内容が子供には難しいかなと思っていたのですが、5歳の息子に読んで聞かせました。

子供は、どうして猫は100万回も生きたのか、どうして猫は今まで泣いていたのに、最後に泣いたのかなどを聞いてきたので、私なりの解釈で子供に伝わるように説明しました。

子供も子供なりに一生懸命理解をしようとして、一生懸命に聞いてくれました。

大切な人に出会う事、いつかは大切な人とお別れすることが人生にはあることなどを、絵本を通して少し難しいけど、大切なことをちょっと感じてくれたらと思っていたのですが、子供も大切な猫と結婚できたからよかったねや、泣いていてかわいそうだねなど、子供なりの感想を言ってくれました。

絵本を読み聞かせる時は、楽しいものや子供の教育になるものなど色々と織り交ぜて読み聞かせしています。
この本は、子供の感情を豊かにしてくれる、とてもいい本だと思います。

→100万回生きたねこはこちら

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-5歳以上におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.