毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

1歳〜2歳におすすめの絵本

うんちっち絵本のあらすじと感想

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本と最適な年齢を教えてください。

うんちっち

おすすめの年齢:0歳~2歳

うんちっち絵本のあらすじやおすすめポイントを教えてください。

アメリカ生まれ、フランス育ちの作家さんのロングセラー読み聞かせ絵本です。鮮やかなブルーに真っ白なウサギの絵が目を引く読み聞かせにピッタリな絵本です。

あらすじはウサギの一家の男の子の口癖がタイトルの「うんちっち」。どんなこともすべて「うんちっち」と答えます。

ある日その男の子がオオカミに丸呑みされました。オオカミが自分の家に帰ってから具合が悪くなり、お医者さんに診せたところ、オオカミが「うんちっち」と言いました。お医者さんはその男の子のお父さんで、オオカミのお腹の中から男の子を助けるといったストーリーです。

この絵本は表紙だけでなく、1ページ1ページがとても色鮮やかで目を引きます。男の子の口癖の「うんちっち」も何度も出てきて、楽しい内容になっています。

うんちっち絵本を読み聞かせた時の体験談を教えてください。

自分の友人の子供(1歳、2歳)に読み聞かせしました。

「絵本読んであげるよ~」というと、自分たちで「うんちっち」を持ってきました。この絵本は表紙がかわいく、内容も理解しやすいため、子供たちへプレゼントしたものでした。「どうしてこれがいいの?」って聞くと、「これが好き~」と言いました。

私もうれしくなり、好きな絵本ということで、テンション高めに「うんちっち」と読み始めました。

ページ1枚1枚が色のコントラストがはっきりしており、目を引く色合いになっています。子供たちもページを進めるごとに、一緒になって「うんちっち」と言ったり、私より先に「うんちっち」と言って楽しそうにしてくれていました。

オオカミが出てくる場面では、「食べられちゃうよ~」とか、お父さんが助ける場面では「お父さん、早く、早く!!」と、ストーリーに夢中になってくれていました。無事助け出されたら、「よかったね~」と兄弟で喜んでいました。

また自分の子供(3か月)に読み聞かせしました。まだ喃語が話せる程度。あやすと笑うぐらいですが、この絵本の色彩に、目を奪われていました。「うんちっち」という言葉をいろんな声色で身振り手振りを交えて読み聞かせるとニコニコ笑ってくれます。

まだ内容は理解できないですが、色合いや読み方で十分乳児でもよい反応を得られました。

うんちっち

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-1歳〜2歳におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.