毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

1歳〜2歳におすすめの絵本

くつくつあるけのあらすじと感想(1歳からの読み聞かせ絵本)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本


くつくつあるけ―くつくつあるけのほん1 (福音館 あかちゃんの絵本)

おすすめの年齢:1歳

くつくつあるけ絵本のあらすじやおすすめポイント

小さな靴がお散歩に出かけて、歩いたり、走ったり、飛び跳ねたりします。

転んでしまっても、ちゃんと一人で起き上がります。

遊びつかれて最後には眠くなってしまうというお話です。

まさに1歳の子供の生活そのもので、とてもかわいらしい絵本です。

絵もシンプルで、靴の動きが良くわかり、言葉のリズムがいいので楽しく読めます。

ぱたぱた、とんとん、ぴょーんぴょーんなど、小さい子供にもわかりやすいです。

子供もついつい一緒に口ずさみたくなるような絵本です。

くつくつあるけ絵本を読み聞かせた時の体験談

1歳前からほとんど毎日読み聞かせています。

今ではお気に入りの1冊となり、毎晩寝る前に娘が持ってくるようになりました。

1歳10ヶ月になる娘ですが、「とんとんとん」というところで絵本のつま先を指で、とんとんとんとしたり、靴がジャンプするとろこでは、一緒になって体をぴょーんぴょーんとします。

靴が転んでしまうところでは、一緒に「いたたたた」と言ってくれます。
絵本のフレーズをどんどん覚えている様子に驚かされています。

言葉のリズムがいいので、靴と一緒に体を動かしながら覚えているようです。
今では4歳のお兄ちゃんが1歳の妹に読み聞かせをしてあげられるようになりました。

子供ってちゃんと聞いていて、ママを同じように読むんだなと、感心させられます。

飛び跳ねるところは、すごく楽しそうに、転んでしまうところは本当に痛そうなのが伝わってくるんです。

短い絵本ですが、私たち家族にとっては、兄弟の絆も深まる大事な一冊です。


→くつくつあるけ―くつくつあるけのほん1 (福音館 あかちゃんの絵本)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-1歳〜2歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.