毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

2歳〜3歳におすすめの絵本

定番のおおきなかぶ絵本は必須読み聞かせ本です

更新日:

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

おすすめの年齢:2、3才

大きなかぶ絵本のあらすじやおすすめポイント

おじいさんがいつも通り畑にいき、かぶのはをひっぱったらまったくぬけません。

おじいさんは、おばあさんを助けを求めておばあさんはおじいさんの後ろにいき、 おじいさんの腰をもって二人でひっぱりましたが、まったくうごきません。

でそれを見ていた飼い犬がおばあさんの腰をもって三人で力を合わせてかぶをひっぱりましたが、まだまだ動きません。

困り果てていると、 森から見ていたうさぎやねこ、ネズミ達がたくさんきて、みんなでうんとこしょどっこいしょ!とゆう掛け声をかけながら、ひっぱるとやっと大きなかぶがぬけました。

絵本を読み聞かせた時の体験談

すごく興味があり、うんとこしょ!どっこいしょ!の掛け声を何度も何度もいっていました。

この絵本は登場人物が多く、次だれがくるんだろーと子供なりによそくして、ワクワクしてきいていました。

また色々な動物が出てくるので、一ぴきづつの鳴き声も真似をしていました。
動物がどんななきかたをするのかをしる機会にもなりました。

また次の動物が来たらかぶがぬけるのでは?とゆう期待があり、ぬけなかったら残念とゆう気持ちと

次どのどうぶつがくるんだろーとゆうワクワク感を感じていました。

この絵本は何度も何度も読み返していました。
理由はやはり登場人物がたくさんきて、個々に色んななきかたをする動物がいるから物真似をしたくなるのでしょう。

あとはあの掛け声です。反復するセリフは子供はみな好きです。

子供達が、ひっぱるとあの掛け声と動物を真似をして一列になって真似をしていました。

この絵本は、一人では出来ない事が、みんなの助け合いがあり、みんなの力でひとつのことを成し遂げるとゆう意味を持っています。

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-2歳〜3歳におすすめの絵本
-,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.