毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

3歳〜4歳におすすめの絵本

11ぴきのねことぶたのあらすじと感想(3歳以上)

更新日:


11ぴきのねことぶた
おすすめの年齢:3〜4歳

11ぴきのねことぶた絵本のあらすじやおすすめポイントを教えてください。

「11ぴきのねこ」シリーズとして絶大な人気を誇る絵本です。
その中でも特におすすめしたいのが、「11ぴきのねことぶた」という作品。
ある日のこと。11ぴきのねこは、森の中で一軒の家を見つけ、そこに住むことにしました。
するとそこへ、ここはぼくのおじさんの家だというぶたがやってきます。
せっかく手に入れた家を手放したくない11ぴきのねことぶたによる一騒動が起こります。

11ぴきのねことぶた絵本を読み聞かせた時の体験談を教えてください。

こどもは、この絵本の絵柄をみただけで「11ぴきのねこ!」と反応します。
シリーズとしては6作あるのですが、どのお話でも、11ぴきのねこたちはやりたい放題好き勝手で、他人のことなどおかまいなし、いたずらやずるいことばかりやっています。

もしかするとそんな11ぴきのねこの姿が、こどもにとって、普段の自分と重なるのかもしれません。
いたずらをやる11ぴきのねこの姿をみては、「こんなことしちゃダメだよね!」「勝手なねこだね〜」とねこたちを諌めるような口ぶりに。
もともと文字のかなり少ない絵本なのですが、こどもは、ページいっぱいに描かれた11ぴきのねこたちのそれぞれの自由な姿をひとつずつじっくり見ていくので、寝る前に読みはじめると、だいたいいつも読了する前に眠くなって寝てしまいます。

特に読むのに時間がかかるのは、ぶたのおじさんの家を11ぴきのねこたちが掃除する場面。
ページいっぱいに描かれた11ぴきのねこたちの掃除をする様が多種多様で、ほうきを持っているねこ、ぞうきんがけするねこ、はたきでほこりを払うねこなど様々な姿が描かれていることに興味いっぱい。

一ぴきずつ指さしては、「ほうきで掃いてる」「ぞうきんしてる」と言って楽しんでいます。
また、家の中のタンスや暖炉、壁掛けの肖像画といったインテリアにも、ひとつずつ興味を寄せてみています。
この「11ぴきのねことぶた」では、11ぴきのねこがぶたのおじさんの家を乗っとってしまって、おじさんひとりで家を建てるのですが、読んでいると、「おじさんがかわいそう」「ぼくも手伝いたい」「おじさんがんばれ」といった声援が飛んできます。

最後に家が完成する場面では、穴のあくような感じで絵本に描かれた絵をみつめています。
このあと、最後には、せっかく完成した家ごと11ぴきのねこは台風で吹き飛ばされるのですが、よほど印象的なのか、読み聞かせした次の日にはたいてい台風で飛ばされるコントを見せられます。


11ぴきのねことぶた

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-3歳〜4歳におすすめの絵本
-

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.