毎月100冊読み聞かせ、1歳代でひらがなを覚えました

絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ

5歳以上におすすめの絵本

コウラケットバシステタカメのあらすじと感想(5歳以上)

更新日:

読み聞かせにおすすめの絵本

絵本タイトル:コウラケットバシステタカメ

おすすめの年齢:5歳~6歳

コウラケットバシステタカメ絵本のあらすじ

カメが自分の動作が遅くていつもウサギにバカにされているのは、コウラがあるせいだと思い、ある日、自分のコウラを脱いで捨ててしまいます。コウラは、色々な動物の手に渡り、様々な用途に使われます。

カメはコウラから開放されたら、身軽な生活が送れるかと思いきや、困ったことのほうが多いことに気づきます。コウラが自分をどれだけ守っていてくれたのかを思い知らされました。

コウラのない自分は何者なのかわからなくなり、コウラを探しに行きます。やっと見つけたコウラは、いつも自分をバカにしていたウサギが身につけていました。

コウラがどれだけ魅力的なのか、ウサギがどんなにうらやましいと思っていたかをカメは初めて知りました。

返してもらったコウラを身につけて、カメは自分を取り戻しただけでなく、カメとしての誇りを手に入れることができたのです。

コウラケットバシステタカメ絵本を読み聞かせた時の体験談

ウサギとカメを踏襲したお話ですが、そのお話を知らなくても楽しめます。絵が柔らかくとてもやさしい気持ちになります。

カメのコウラをクマが吹いたらいい音を出したとか鳥の巣に使われようとしたり、ネズミが船代わりにしたりと、動物たちの様子も可愛らしく表情豊かに描かれています。

優しい雰囲気の絵ですが、コウラを背負っている姿をカメに見つかったときのウサギの顔がユーモラスで、読むたびに息子は大爆笑でした。

動物がコウラを拾っているどの場面にもウサギが隠れてコウラを追いかけている様子が描かれていたので、息子と一緒にウサギがどこにいるのか探すのも楽しかったです。

またカメがコウラを捨てて後悔している場面やウサギがカメにあやまる場面も素直な気持ちが溢れているせいか、「捨てなきゃよかったのにね」とか「いじわるしてごめんねとあやまってエライね」といちいち反応している息子を見て、いい絵本だなと思いました。

いわゆる名作とはちょっと違うのかもれしませんが、カタカナのタイトルも子どもには新鮮だったようですし、ウサギとカメを読んであげようかなと思わせられたり、と面白い刺激を与えてくれた一冊です。

6歳までの教育でその後の学力が決まります

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

6歳の時点ですでに学力の差が開いており、その後も学力差は縮まらないとの結果がでています。

このため、小学校入学後からの習い事や塾よりも、6歳までの幼児教育が最も重要です。

賢い子を育てる幼児教室・通信教育

平均IQ140のベビーパーク

ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

七田より教室が広く、右脳教育に加え、運動能力も高め、保護者へ「子供との接し方」のレッスンがあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

キッズアカデミーでは、脳の性能を良くする『知能教育』を行っています。
『知能教育』とは『記憶力』と『思考力』を高める教育です。

賢い子供にしたいならキッズアカデミー!
WEBから申し込むと無料で体験できます。

月刊ポピー

自宅で通信教育なら、無駄な付録が一切なく、圧倒的に安い【月間ポピー】がおすすめ。

教科書に準拠しているので先取りができ、たった月980円です。

-5歳以上におすすめの絵本
-, ,

Copyright© 絵本読み聞かせで天才児を育てるブログ , 2018 All Rights Reserved.